『TURNs 2016-2021』 監督:田村大 / 2021年 [日本語字幕つき] 

  • 映像上映

2016年のTURNフェスからTURNの姿を記録してきた田村大は、その軌跡を映画としてまとめることを構想します。アーティスト、福祉施設の利用者やスタッフなどに、TURNの活動を通してどのような姿が生まれていったのか。6年にわたり蓄積された映像素材を編集し制作されたドキュメンタリー映画を公開します。

上映時間

8月18日(水) 14:45〜16:30(約100分)
8月19日(木) 12:45〜14:30(約100分)※音声ガイド上映


2021年6月末日現在、自分は2016年の「TURNフェス」から断続的に撮影を続けてきたTURNに関する映像群を「映画」として構成するべく編集作業を続けています。偉そうに「映画」と言ってみたものの、この映像が映画館でロードショーされるわけではありませんし、そもそもなにをもって「映画」と言えるのかは自分もわかりません。それでも、2016年のTURNフェスで初めて撮影を行った時に「映画的」なるものの気配を感じ、最終的に「映画にする」という到達点を目指して撮影を続けてきました。
しかし2020年3月末を境に、この映像群は、思いもしなかった形で「映画的」になってしまったと編集を進めながら感じています。それは大きなと表現すべきものであり、その断絶を生み出したのは、もちろん新型コロナウイルスによるパンデミックであり、これにより記録映像の断片たちは大きく変容してしまいました。「映画」を「映画」として成立させる要素の1つに「フレームの外を感じさせる」というものがありますが、2021年の今から見る、2020年3月以前の映像(商店街に貼られたTOKYO2020のポスター、マスクをつけずに行き交う人々、大勢の人が集まり交流する空間)は、コロナ禍中の「今」というフレームの外を強烈に想起させてしまいます。コロナウイルスは全世界に多大な影響を与え続けており、TURNも、アートも、アーティストも、福祉施設とその利用者も、そしてそれらを記録したこの「映画」も2020年3月以前と同じようには進めることができなくなっています。では、それをどのようにこの「映画」に落とし込めば良いのか。2021年6月末日現在、答えが見えない編集作業は続いています。

田村大

田村大
Hiroshi Tamura

映像演出・脚本家。大学在籍中、故・梅本洋一氏の下で映画論を専攻。大学の同期らと共に株式会社らくだスタジオを設立後、劇映画、ドキュメンタリー、ミュージックビデオなど多様な映像制作に携わる。

・らくだスタジオ
2009年、横浜国立大学卒業生を中心として映画制作を目的として設立された映像制作会社。

『father 2008.11-12』(2020年)、『father 2011-2013』(2019年) 監督:金川晋吾

  • 映像上映

写真家の金川晋吾は、自身の父の姿を写真や映像に記録し続けています。

『father 2008.11-12』は、2008年に2週間ほど行方をくらませた後に戻ってきた父の様子を追ったドキュメンタリー映像です。父は仕事に行かなくなり、とくに何をするでもなく家にいるようになりました。生活が立ちいかなくなっているにもかかわらず、どこか淡々と時を過ごすかのような「父」は、何を考え、何を見ているのでしょうか。「わからない他者」の存在、そしてその向き合い方の可能性が探られています。

『father 2011-13』は、2011年から2013年の父の姿を追っています。起きる。煙草をくゆらせる。髭をそる。歯を磨く。食事をとる。買い物をする。無音の映像に映し出される日常の姿と父の表情から、私たちは何を受け取るでしょうか。

上映時間

father 2008.11-12』
8月17日(火) 15:30〜16:30(60分)

father 2011-2013
8月18日(水) 11:50〜12:28(38分)



『うたのはじまり』 監督:河合宏樹 / 2020年  [絵字幕版]<PG 12>

  • 映像上映

「ろう」の写真家、齋藤陽道は、20歳で補聴器を捨てカメラを持ち、「聞く」ことよりも「見る」ことを選びました。彼の妻・盛山麻奈美も「ろう」の写真家であり、彼女との間に授かった息子は、「聴者」でした。
幼少期より対話の難しさや音楽教育への疑問を抱いてきた齋藤は、自分の口からふとこぼれた子守歌をきっかけに、変化が訪れます。生後間もない息子と生活を通して出会うことになった「うた」の姿に触れていきます。

上映時間

8月19日(木) 15:20〜16:46(86分)

河合宏樹
Hiroki Kawai

学生時代から自主映画を制作し、東日本大震災以降、ミュージシャンやパフォーマーらに焦点を当てた撮影や映像制作を続ける。主な監督作はドキュメンタリー映画『ほんとうのうた〜朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って〜』、七尾旅人初のライブ映像作品『兵士 A』、飴屋法水と山下澄人『コルバトントリ、』等。gotch、クラムボン、蓮沼執太、青葉市子、yakushima treasure 他のライブ映像を多数手がける。

『ダンシングホームレス』 監督・撮影:三浦渉 / 2019年

  • 映像上映

本作の主人公「新人Hソケリッサ!」は、路上生活者や路上生活経験者のみで構成されたダンスグループです。主宰している振付師のアオキ裕キは、あらゆるものを捨て去り唯一残された原始的な身体を携えるメンバーの姿から、人間本来の生命力溢れる踊りが生み出されるのだといいます。メンバーの「生きる舞」と日常生活の姿を通して、さまざまな形で「生きる」ことそのものの本質を問いかけます。

上映時間

8月17日(火) 12:45–14:24(99分)


三浦渉
Wataru Miura

学生時代、自らの祖母を描いたドキュメンタリー作品が、国内の各映画祭で受賞。大学卒業後CM制作会社にて50本近くのCMを制作。年東京ビデオセンターに参加。現在TVディレクターとして、海外取材番組や短編ドラマを制作している。本作が初の長編ドキュメンタリー映画作品である。

『アイ・コンタクト』 監督:中村和彦 / 2010年 [日本語字幕つき(口話・手話対応)]

  • 映像上映

第21回夏季デフリンピックに初出場を果たした「ろう者サッカー女子日本代表」。全国各地から年齢や環境も異なる選手たちが集まって練習を積み重ね、2009年、台湾での試合に挑みました。スポーツでの活き活きした姿とともに、それぞれの歩んできた道や家族の思い、ろう教育の変遷と現状などにも迫る本作を通して、コミュニケーションのさまざまな形に出会います。

上映時間

8月17日(火) 10:15〜11:43(88分)

中村和彦
Kazuhiko Nakamura

大学在学中より助監督として劇映画の世界に。主な監督作に「棒 Bastoni」(2001年)、その他「日本代表激闘録」等、サッカー関連DVDなど多数。知的障害者サッカー日本代表を追った長編ドキュメンタリー「プライドinブルー」(2007年)で文化庁映画賞優秀賞受賞。「アイ・コンタクト」(2010年)で、山路ふみ子映画福祉賞受賞。2018年電動車椅子サッカーのドキュメンタリー映画「蹴る」が完成し公開中。他に短編「MARCH」(2016年)等がある。

『世界を自分に取り戻せ』 作画:TDU・雫穿大学 編集:松本力 / 2021年

  • 映像上映

映像・アニメーション作家の松本力と、オルタナティブ大学「TDU・雫穿大学」の映像や美術のクラスを選択するメンバーは、TURN交流プログラムへの参加を通して交流を重ねてきました。「TDU・雫穿大学」には、不登校を経験した人、ひきこもりを経験している/していた人、それぞれの生き方を探求している人など、さまざまな学生が通っています。

彼らの交流を通して生まれたアニメーション「世界を自分に取り戻せ」は、「記憶の風景」をテーマに制作されました。本作は、雫穿大学の講座や研究ゼミで、自身の経験から生まれた問題意識を論文形式で発表する命題でもあります。松本は、それぞれの主体性から記憶を何度も再生して観ることが、自分と世界の関係性を対象化することにもなり、映像表現の象徴性や観点となると考えています。

上映時間

8月18日(水)13:30〜13:37(7分)

松本力
Chikara Matsumoto

絵かき、映像・アニメーション作家。
1967年東京生まれ。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン専攻卒業。
再生紙にコマ割りのドローイングを描き、透過光を加えビデオに撮る独自の手法でアニメーション作品を制作。国内外での展示、オルガノラウンジや音楽家VOQ(ボック)とのライヴで、映像と音楽の空間表現を20年以上続けている。また、手製映像装置「絵巻物マシーン」のワークショップ「踊る人形」を学校や美術館、滞在先など各地で行う。現在、創形美術学校アニメーション&コミック専攻、女子美術大学デザイン・工芸学科ヴィジュアルデザイン専攻で、映像の講師を務める。

TDU・雫穿大学
Tekisen Democratic University

TDU・雫穿大学は、その人自身の関心から学び、自分としての「生き方」「働き方」を模索できるオルタナティブ大学です。不登校・ひきこもりなど苦しさを抱えた若者も多く通い、自己否定感などを解体し自分の関心を探りながらさまざまなことを学び、その関心から始まる自分に合った「働く」「生きる」の形を実践的に創っています。


『愛と法』 監督:戸田ひかる / 2017年 [バリアフリー版日本語字幕つき]

  • 映像上映


カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。一人ひとりの生き方と、社会の仕組みとの間で葛藤を抱える人たちの相談を受けています。仕事も生活も二人三脚のカズとフミも、法律上は他人同士のまま。個人として尊重されるというのは、どのようなことなのか。日本社会の現実を鮮やかに、愛情いっぱいに描き出しています。

上映時間

8月19日(木) 10:15〜11:49(94分)

戸田ひかる
Hikaru Toda

10歳からオランダで育つ。ユトレヒト大学で社会心理学、ロンドン大学大学院で映像人類学・パフォーマンスアートを学ぶ。
ロンドンを拠点にディレクターとエスノグラファーとして世界各国で映像を制作。
『愛と法』(17)で東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞など多数受賞。
世界最大級の動画配信サービスのオリジナルドキュメンタリーシリーズ『マイ・ラブ:6つの愛の物語』で第3話「日本:絹子と春平」を監督、全世界で配信中。

現在配信中

Pick Up

最新のオンラインプログラム

Photo