TURN Tunes

  • トーク
  • ヴォイス

このラジオでは、「おと」や「こえ」「きく」について様々なアプローチで考えてみます。
「きく」ということを、聴覚的な意味だけではなく、何かに対する態度や向き合い方、想像力の働かせ方、と広く捉えて展開していきます。


ユニークな「きく」技術を持ったゲストたちを招いてのおしゃべりと、「おと」や「こえ」についての一風変わったコーナーを通して、世界との新たな関わり方をちょっとだけ発見するラジオです。

番組構成・出演:稲継美保
録音・編集:和田匡史
ジングル:hibarimusic

【配信スケジュール】
8月8日(日) 11:00~(約60分)
8月15日(日) 11:00~(約60分)
8月22日(日) 11:00~(約60分)
8月29日(日) 11:00~(約70分)
9月5日(日) 11:00~(約80分)

※本ウェブサイトTOPページにて配信!
※放送後、翌週月曜日以降にアーカイブ配信を行います。当日配信を見逃した方は、本ページをチェックしてください。


TURN Tunes vol.1

「Talk to Listeners」
色々な分野で活動されている、ユニークな「きく」技術を持っている人、
「Listeners」をお呼びして、お話するコーナー。
ゲスト:和田浩章(バリアフリー音声ガイド製作者)

「音聴き」
江戸時代にあった「虫聴き」を、番組内に「音聴き」として復活させるコーナー。
音:松本一哉(音楽家・サウンドアーティスト・ドラマー)

「もしもしターンフェス」
TURNフェス6 に参加するアーティストに電話をつなぎ、制作の様子やTURN への思いをお聞きするコーナー。
ゲスト:井川丹(音楽家)

「ジョニーズダイアリー」
世界をきくためのひとつの形、“音日記”を朗読するコーナー。
日記制作・朗読:関場理生(劇作家・ダイアログ・イン・ザ・ダークアテンド)


TURN Tunes vol.2

「Talk to Listeners」
色々な分野で活動されている、ユニークな「きく」技術を持っている人、
「Listeners」をお呼びして、お話するコーナー。
ゲスト:美月めぐみ&鈴木橙輔(バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり)

「音聴き」
江戸時代にあった「虫聴き」を、番組内に「音聴き」として復活させるコーナー。
音:松本一哉(音楽家・サウンドアーティスト・ドラマー)

「もしもしターンフェス」
TURN フェス6に参加するアーティストに電話をつなぎ、制作の様子やTURNへの思いをお聞きするコーナー。
ゲスト:大西健太郎(パフォーマンスアーティスト)

「おしゃべりティーパーティ」
音楽家の角銅真実さんと、とある日の午後にした「声」についての長いおしゃべりの一
部をお届けするコーナー。
出演・音楽:角銅真実(音楽家・打楽器奏者)


TURN Tunes vol.3

「おしゃべりティーパーティ」
音楽家の角銅真実さんと、とある日の午後にした「声」についての長いおしゃべりの一部をお届けするコーナー。
出演・音楽:角銅真実(音楽家・打楽器奏者)

「Talk to Listeners」
色々な分野で活動されている、ユニークな「きく」技術を持っている人、
「Listeners」をお呼びして、お話するコーナー。
ゲスト:玄田有史(労働経済学者)

「もしもしターンフェス」
TURN フェス6に参加するアーティストに電話をつなぎ、制作の様子やTURNへの思いをお聞きするコーナー。
ゲスト:永岡大輔(アーティスト)

「ジョニーズダイアリー」
世界をきくためのひとつの形、“音日記”を朗読するコーナー。
日記制作・朗読: 関場理生 (劇作家・ダイアログ・イン・ザ・ダークアテンド)


TURN Tunes vol.4

「もしもしターンフェス」
TURN フェス6に参加するアーティストに電話をつなぎ、制作の様子やTURNへの思いをお聞きするコーナー。
ゲスト:マチーデフ(ラッパー・作詞家・ラップ講師)

「Talk to Listeners」
色々な分野で活動されている、ユニークな「きく」技術を持っている人、
「Listeners」をお呼びして、お話するコーナー。
ゲスト:和田夏実(インタープリター)

「音聴き」
江戸時代にあった「虫聴き」を、番組内に「音聴き」として復活させるコーナー。
音:松本一哉(音楽家・サウンドアーティスト・ドラマー)

「おしゃべりティーパーティ」
音楽家の角銅真実さんと、とある日の午後にした「声」についての長いおしゃべりの一部をお届けするコーナー。
出演・音楽:角銅真実(音楽家・打楽器奏者)


TURN Tunes vol.5

「ジョニーズダイアリー」
世界をきくためのひとつの形、“音日記”を朗読するコーナー。
日記制作・朗読: 関場理生 (劇作家・ダイアログ・イン・ザ・ダークアテンド)

「音聴き」
江戸時代にあった「虫聴き」を、番組内に「音聴き」として復活させるコーナー。
音:松本一哉(音楽家・サウンドアーティスト・ドラマー)

「もしもしターンフェス」
TURN フェス6に参加するアーティストに電話をつなぎ、制作の様子やTURNへの思いをお聞きするコーナー。
ゲスト:田村大(映像演出・脚本家)

「おしゃべりティーパーティ」
音楽家の角銅真実さんと、とある日の午後にした「声」についての長いおしゃべりの一部をお届けするコーナー。
出演・音楽:角銅真実(音楽家・打楽器奏者)

「Talk to Listeners」
色々な分野で活動されている、ユニークな「きく」技術を持っている人、「Listeners」をお呼びして、お話するコーナー。
ゲスト:地下芸術家O


制作後記

「ラジオ番組と言えば、その番組を表すようなキャッチコピーが必要!」ラジオ制作を始めた時、最初に考えたことです。
自分が好きなラジオ番組には、必ずこういうキャッチコピーがあり、番組が始まってパーソナリティがその言葉を口にすると、「はじまった〜!」とテンションが上がり、自分の他にも大勢いるであろうリスナーが、今、同時にこれを聴いているのだと、そんな魔法がかかるのです。
そこで、内容も決まっていないうちになんとかひねり出したのがこのキャッチコピー。
「きく」を通して世界との新たな関わり方をちょっとだけ発見するラジオ、ターンチューンズ。
番組のオープニングとエンディングで必ず言っていた決まり文句ですが、不思議なことに、毎回口にする度、「ああ、そういう番組なんだなぁ」と、何かはっとするような気持ちがしました。

そもそもなぜ「きく」だったのか。
私は普段、俳優やアートプロジェクトの企画・制作などをしているのですが、そこで自分が鍛えてきたと思う力のひとつに「語る」があります。
なんなら一番頑張って磨いてきたもの、かもしれません。
大学時代には、「これからのアーティストは自分自身の作品や活動について語れる言葉を持ちなさい」とか、俳優修行が始まってからは「俳優は自分の言葉(自身の経験や身体を通した言葉)でセリフを語るべし」とか、いつも「自分自身の言葉」や「語るべき言葉」や「伝わる言葉」を探して、そしてそれを語る方法や技術を学びたい、学ばなければと思ってきました。
でも一方で、「語る」の前、いや、前なのかはわからないけど、「語る」が起こる時に必ずセットであるもの、「きく」の存在の大きさを感じてきたようにも思うのです。
例えば、舞台の上演が成立するには必ず観客が必要です。
舞台に立って、ひとことめのセリフを発する瞬間。
客席に座る一人一人が、暗がりの中で、じっと耳を澄ませて、「語り」が起こるのを待っている。
そんな時、私はいつも「きく」の力に圧倒されます。
その「きく」の力に後押しされて、初めて俳優は語り始めることができます。

「語る」に技術があるように、「きく」にも実に様々な技術があります。
このラジオでは、それぞれにユニークな「きく」技術を持ったゲストを招いて、トークをしたり、一緒にコーナーを制作しました。「きく」というのはもちろん耳という感覚器官における“聴力“のようなこともありますが、ゲストの方々とお話しているうちに、「きく」ということが、何か新しい動詞のようにも感じられてきました。それはまさに、キャッチコピーで言っている「世界との新たな関わり方」のようなものでした。

そうやってラジオの制作を通して「きく」を考えながら、少しずつ気づいていったことがあります。
それは、「きく」の前には(前かはわからないけど…)、「ある」や「いる」があるということ。
奇しくも、最終回、第5回目放送の「Talk to Listeners」で、“「きく」を哲学する”といった切り口でトークをしたところ、そもそも我々にとって「ある」や「知覚できる」とは何なのか、という問いが生まれ、何かが解るどころか、さらなる迷いの森に突入したままこの番組は終わりを迎えました。

「きく」や「語る」が起こる時に、「ある」や「いる」がある、ということは、当たり前のようでいて、結構ないがしろにされているんじゃないかと思います。
何かの音が鳴るとき、当たり前だけどその鳴っているものや生き物がある、いる。
誰かが語り始めるとき、それを聞いている人がいる。
どこかで語りが起こるとき、それが起こる場がある。

全5回の放送を終えてたどり着いたのは、「ある」や「いる」という、ポンっと開けた世界でした。
あなたがいて、わたしがいて、この場がある、ということから始めるしかないんだな、とそんなことを感じております。
そして、「語りあい」を始める前に、まずはお互いの存在を確かめて、呼吸を整えるように「ききあい」から始めてみる。
拍子抜けするような発見かもしれませんが、でも、今、自分が何かと向き合うひとつの態度としては、十分な答えのような気もします。
もちろん、これはMCである私が、2021年の夏、このラジオを通して気づいたことに過ぎないので、リスナーの方それぞれに、自分の生活や人生に引き寄せた発見があるととても嬉しいです。

最後に、
第3回目の「Talk to Listeners」のゲストに来てくださった玄田先生が、打ち合わせの時におっしゃっていたことで、このラジオを作るにあたって心の支えにしていた言葉があります。
「ラジオは惑うメディアだ」というもので、先生が昔、他のラジオにご出演された時にその番組のパーソナリティの方が言っていたそうです。
そういえば、トークのゲストに来てくださった方々も、コーナーを一緒に作ってくださった方々も、みんなそれぞれの生活や活動の中で大いに惑われ、何より私自信、惑いに惑いながら制作をしました。そしてリスナーのみなさんも、この難しい時代に、日々何かに惑われていることでしょう。
作る側も、リスナーも、惑いながら一緒にいれるメディア。
みんなで惑える場所、時間。
ターンチューンズも、誰かにとって、そんな存在になっていたらと願っています。

稲継美保

稲継美保
Miho Inatsugu

東京藝術大学在学中より演劇を始め、舞台を中心にフリーランスの俳優として活動中。
幅広い役柄をこなし、国内外問わず様々な作品に出演している。
近年は、映像作品のナレーションや、音声のみの演劇作品を作るプロジェクトへの参加なども積極的に行っている。
2013年からはパフォーマンスプロジェクト・居間 theaterのメンバーとしても活動を開始。
既存の “場” とそこにある “ふるまい” に注目して作品創作をおこない、演劇的な体験をまち・日常のなかに展開している。
居間 theaterとして、2018年〜2020年、東京プロジェクトスタディ スタディ2ナビゲーターを務めた。

TURN NOTES

井川丹
  • ヴォイス
  • その他
Photo:冨田了平

「TURN NOTE」とは、ノートとしての装いをコンセプトに、TURNの活動に関わるなかで生まれたさまざまな人たちの言葉を断片的に一冊にまとめた書籍です。一人ひとりの発見の瞬間や、葛藤、予感などに触れられるよう、発せられた時の言葉をできるだけそのまま収録しています。

2016年から2020年までの5冊のTURN NOTEに収められた言葉たち。それらに出会った作曲家の井川丹は、綴られた言葉を音楽として変換することを発案しました。「NOTE」という単語には、普段の耳慣れた「ノート」という意味のほかに、音、音符、音調といった意味もあります。

TURNフェス6東京都美術館でインスタレーションとして発表した本作では、2者の多彩な声色にのせられたTURN NOTEの言葉が、複数の音の重なりとともに空間に拡がり、それぞれ異なる形に姿を変えて、一人ひとりの身体を包む特別な体験を創出しました。

今回発表した音楽を本ページでも公開しました。どうぞ、それぞれの場所でTURN NOTESの音と言葉をお楽しみください。


声:田中俊太郎 渡邉智美
録音・音響:田中文久




序曲 umi:0:00~ [James Jack The Sea We See 2017 (excerpts)]
2016 TURNを考えたときの言葉:2:50~
2017 TURNにふれたときの言葉:29:32~
2018 TURNとつながったときの言葉:39:10~
2019 TURNとともにあるときの言葉:1:03:26~
2020 TURNをめぐる言葉:1:13:49~

関連記事

TURN NOTEリーディング

向坂くじらとカニエ・ナハ
  • ヴォイス

TURN NOTE」とは、年間のTURNの活動を通して生まれた言葉を収録した書籍です。発せられた時の言葉をできるだけその時のままの形で掲載することによって、それぞれのシーンにおける発言者の「その人らしさ」や空気感が感じ取れるよう試みています。2016年から2020年にかけて5冊のTURN NOTEが完成しています。
今回、この書籍に収録された言葉たちを、詩人の 向坂くじらとカニエ・ナハ が声に出して読んでいきます。それを聞いた私たちは、どのような情景に、そしてどのような色や時間に出会えるでしょうか。

【公開日】
8月 6日(金):「TURN NOTEリーディング-2016」
8月10日(火):「TURN NOTEリーディング-2017」
8月24日(火):「TURN NOTEリーディング-2018」
8月27日(金):「TURN NOTEリーディング-2019」
9月 3日(金):「TURN NOTEリーディング-2020」

「TURN NOTE」は、文字の形をとった声だと思います。複数の、断片的な、実在した声です。TURN NOTE リーディングでは、2016年から2020年に制作された5冊の「TURN NOTE」を、ふたたび声で再生することを試みます。複数の、断片的な、別のところで実在する声で。

わたしたちは、目でなぞって「読む」ことと、声に出して「読む」こととを、同じ「読む」という言葉で呼びます。似ていながら大きく異なりもするふたつの行為が文字と声とのあいだで接続されることを願って、「TURN NOTE リーディング」と名づけました。

向坂くじらとカニエ・ナハ


●TURN NOTEリーディング-2016

はじめに鳴る音は表紙の手ざわりの音です。一冊のTURN NOTEをふたりで手渡しあってリーディングしています。順番はあらかじめ決めず、前に読まれたものに触発されてその場で選びました。

書籍:TURN NOTE~「TURN」を考えたときの言葉2016~


●TURN NOTEリーディング-2017

声も音楽のようにリズムやメロディーを持っています。「TURN NOTE」に収録されているひとりひとりの声もそうですし、それらがつなぎ合わされた一冊の本としてもそうです。今回のリーディングでは、もともとそこにある音楽を再構築して再生することを試みました。

書籍:TURN NOTE~TURNにふれたときの言葉2017~


●TURN NOTEリーディング-2018

TURN NOTEを読んでいると、関係ないはずの言葉どうしが遠くでつながって見えることがたくさんあります。ふたりで行った即興でのリーディングは、つねに新しいつながりを見せてくれました。

書籍:TURN NOTE~TURNとつながったときの言葉2018~


●TURN NOTEリーディング-2019

TURN NOTEは逆さまにして逆から開くことで日本語版と英語版を切り替えることができます。2019年のTURN NOTEはそれに加えて、日本語版のページが白黒反転されています。今回はわたしたちも本を逆さまにしてリーディングすることを試みました。

書籍:TURN NOTE〜TURNとともにあるときの言葉 2019〜


●TURN NOTEリーディング-2020

誰かの前に出たとき、わたしたちはよく不随意に語り出します。 2020年のTURN NOTEは、一冊の本を開いた状態で手渡しあい、相手から示されたページをリーディングしました。コロナ禍の影響で、人との距離や隔絶について考えることが多くなりました。

書籍:TURN NOTE〜TURNをめぐる言葉 2020〜

向坂くじら
Kujira Sakisaka

詩人。1994年名古屋生まれ。慶應義塾大学文学部卒。詩の朗読×エレキギターとのユニット「Anti-Trench」では2017年にワンマンライブを開催し、二公演のソールドアウトを達成したほか、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」、谷川俊太郎本人が出演するトリビュートライブ「俊読」にも出演。ソロとして、「2018国際平和のための世界経済人会議」アフターパフォーマンスに、桑原滝弥・大島健夫と共に出演。また、ポエトリーリーディングの全国大会のファイナリストに選出される。主に詩を書いたことがない方を対象に詩のワークショップを制作する。小学校や大学、就労支援機関やフリースクール、またミャンマー、ベトナム、セルビアの学校などでも詩の授業を実施。

カニエ・ナハ
Naha Kanie

詩人。2010年「ユリイカの新人」としてデビュー。2016年の詩集『用意された食卓』で第21回中原中也賞、第5回エルスール財団新人賞。

主な参加展に「MOTサテライト2017 春 往来往来」(2017、東京都現代美術館)、中島あかねとの二人展「準備している時が一番もりあがる」(2018、Open Letter)、「さいたま国際芸術祭」(2020)、「MIND TRAIL 奥大和」(2020)、「謳う建築」(2020、WHAT)。2018年にはアメリカ(アイオワ州)、フィンランド(ラハティ市)、2019年には韓国(大邱市)の大学や詩祭でパフォーマンスやワークショップを行う。現在、東京藝術大学映像研究科主宰RAM Associationフェローメンバー。

現在配信中

Pick Up

最新のオンラインプログラム

Photo